小物で楽しむ

カメラを持つ男

デジタルカメラが普及したことによって、家庭でも写真をプリントアウトし、見て楽しむことが簡単になった。
このため、かつては特別な機器であり、一家に一台、という感覚で所有していたカメラも、一人に一台所有するという時代になっている。
片手で持てるコンパクトサイズのカメラから、高精度の画像が撮影できる一眼レフカメラまで、購入できるカメラの種類も多くなっている。
写真が趣味である、という人はやはりレンズにもこだわる一眼レフを使うことが多い。
片手で持てるタイプのカメラにはレンズが折りたたまれる機能が付いているので、レンズを守るためのレンズキャップが付いていないが、一眼レフにはレンズキャップは必須である。
カメラを持ち歩くのに便利なカメラストラップも必要で、女性向けにお洒落なタイプも多く売りだされている。

カメラストラップにはレンズキャップを収納する機能が付いていたり、色んな収納機能を付けたりすることができる。
カメラには色んな小物が必要で、しかもなくしてしまうとその後の使用に支障をきたしてしまうものも多い。
一眼レフともなると中古でも高額な値段になるので、安全に使うためのカメラストラップやレンズキャップを揃えておくのは大事なことである。
いろんな機能がついたカメラストラップを持っていると、すぐに必要なレンズキャップを取り出すことができる。
カメラを持つときには特にレンズを大事にしたいものである。
このため、カメラストラップなどに工夫を凝らし、安全に、楽しくカメラ生活を送ることができる。

黒一色に変革

カメラ

工業製品はある程度国内でも国際的にも共通した規格で作られている。
このことから、カメラやレンズ製造会社以外からも、カメラ周辺の小物類が販売され、いろんなタイプが楽しめるようになっている。

小さいカメラ用の小物

カメラを持ち上げる男

カメラの内部には画像をフィルムに写すために小さな鏡が付いているが、デジカメには付いていないことが多い。
これをミラーレスデジタルカメラといい、鏡が内部に無いのでその分小さく作ることができる。

精密機械を持ち歩く

女とカメラ

カメラは図像の光を通して伝達しているという原理を利用し、図像を写し出し、定着させるのに成功した機器である。
原理は穴と光といった単純なものであるが、ズームが可能であり、暗い場所でも取ることができる高精度なものもある。